<< July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -

アマルフィ。

1週間前、友達からの「で、アマルフィいつ見に行く?」とメールがやってきた。

へっ?約束してませんけど???

まぁ彼女はいつだって突然言い出す。しかもあたかも約束したかのようにてれちゃう
ってことで、アマルフィ 女神の報酬を観てきたよ!!



クリスマス目前のローマ。きらびやかにライトアップされた街で、
一人の日本人少女が失踪した。これは営利誘拐か? それともテロの序章なのか?
警察の包囲網を撹乱する犯人グループに、一向に進展しない捜査…。
様々な想いが交錯する中、全ての鍵はイタリア南西に位置する美しい港町・
アマルフィにあった。そして、そこで外交官・黒田(織田裕二)が見出した
事件の全貌とはいったい?


オールイタリアロケとあって背景は素晴らしい。単純だがイタリアに行きたくなるるんるん
原作は真保裕一でミステリーなので内容は控えますが、なかなか面白かったです。
テンポもいいしあっという間に終わった。ちょっと原作も気になるなぁ。
それにしても、織田裕二が久々にかっこよかった。今回は実に渋い役よ(≧m≦)
でも、あれだ。あたしとしては劇場じゃなくてもいいかも・・・。DVDでも・・・。

JUGEMテーマ:映画


DVD&映画鑑賞 / comments(3) / -

24

TSUTAYAへ行ったら、レンタル開始されていた24シーズン7
もう見飽きちゃったなぁと思いつつも、シーズン6を途中まで見て
止めたのを思い出し、昨日は暇だったし何となく再度見始めたたらーっ

だめだこりゃ。やっぱり見るとはまっちゃうわ(≧m≦)

夕飯の餃子を作ってる時は日本語吹き替えにして、DVDを1枚見終わると
勝手に手が次を入れ替えてるのよ〜てれちゃう

昨日は4枚ほど見ておしまい。まぁそれでも約6時間は見てた事になる。
それにしても、シーズンが進むにつれてジャックの無謀さも
パワーアップしてて、痛いドラマに変化しているなぁ(^_^;)

さっ、今日も続き続き♪

JUGEMテーマ:日記・一般


DVD&映画鑑賞 / comments(4) / -

バーン・アフター・リーディング

昨日、バーン・アフター・リーディングを観てきました〜。



ワシントンのフィットネスセンターで働くチャド(ブラッド・ピット)とリンダ
(フランシス・マクドーマンド)が更衣室で拾った1枚のCD-ROM。
そこにはCIAの機密情報が書き込まれていた。
その頃、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は自分が機密情報を
紛失したことに気づき、狼狽…。オズボーンの妻・ケイティ(ティルダ・スウィントン)は
夫の危機をよそに財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)不倫生活を
満喫中。だが実は、ハリーは出会い系サイトで意気投合したリンダとも関係を
重ねていた…。一枚のディスクをめぐり、5人が絡み合い、幼稚な企みによって
事態は誰の手にも負えない結末へと転がっていく。


あのね、これ、一言だけ。

すっごい、くっだらねぇぇぇぇ悲しい

あたしにはこのブラックはわかりませんでした。まったくもって理解不能・・・。
ってか別に理解しなくてもいいのか。このオバカさをただ楽しめばいいのかと。
ダーはこういうの好きだから満足みたいだったけどねたらーっ
ちなみにPG-12指定の映画です。はい、お子様には危険すぎる映画です。

でも、ブラピのオバカぶりはチョーーーいけるぅ〜
ベンジャミンバトンのブラピとはまるで別人だわ(≧m≦)

あたしのGWは今日で終わり。遠出はしなかったけど、まんべんなく色々と楽しめて
のんびりもしたり、割と有意義な連休でした。んむ、満足でし!楽しい

今週は2日だけ行けばまた休みだし、頑張りますかね♪

JUGEMテーマ:映画


DVD&映画鑑賞 / - / -

レッドクリフpart2。

三国志に夢中なあたしですが、公開初日の昨日レッドクリフ Part玉ね茲悗虜能決戦-
観てきました〜〜〜。レイドショーでしたがけっこう人がいましたよ楽しい



2,000隻の戦艦と80万の兵士で全軍攻撃を企てる曹操軍。謎の疫病により、
戦意を喪失し撤退してしまった劉備軍。信頼の絆が揺らぎはじめ、崩壊寸前の
連合軍に、曹操軍が襲いかかる。迎え撃つ周瑜(トニー・レオン)と孫権(
チャン・チェン)、孔明(金城武)が仕掛ける作戦とは? それぞれの未来は赤壁で
決まろうとしていた。そして、ついに赤壁の激戦の火蓋が落とされる!

(シネマカフェより)

今読んでいる漫画はまだ18巻までだけど、赤壁の戦いは読み終わっていた。
と言っても漫画は数頁。映画は2時間半くらいあるので新たに知る部分も多い。
80万の兵士を持つ曹操軍vs5万の兵士を持つ劉備軍。圧倒的に曹操軍が有利だが
孔明の知恵で戦いぬくわけだ。ほんとこの孔明は賢い!
これから観る人も多いと思うので、内容については触れませんが、なんせ人と馬が
多すぎて誰が何をやってたのかわからなかったのよね〜(^_^;)

とりあえず、漫画でもう一度読み直してみよっと。
既に忘れているあたし・・・。頭悪っ冷や汗


JUGEMテーマ:映画


DVD&映画鑑賞 / - / -

マンマ・ミーア!

昨日は友達と映画のマンマ・ミーア!を観に行った。
1日で映画の日だったから1000円で観れちゃったるんるん


ギリシャのエーゲ海に浮かぶ小さな島。母・ドナ(メリル・ストリープ)の
女手ひとつで育てられた娘・ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、結婚が決まり
式に父親に出席してもらいたいと願っていた。そこで、母親の日記から自分の
出生の秘密を探り始めたソフィ。日記に記してあった3人の父親候補、サム
(ピアース・ブロスナン)ビル(ステラン・スカルスガルド)、ハリー
(コリン・ファース)を、母親に内緒で招待してしまった。予期せぬ彼らの登場に
戸惑うドナと、3人から自分が父親だと言われ混乱するソフィ。
結局、本当の父親が分からないまま、結婚式が始まってしまう…。


ミュージカル映画はテンポ良く進むから割と好きなんだけど、テンポ良すぎ
曲が全てABBAってこともあってもうノリノリだし1度は聴いた事がある曲ばかりで
思わず一緒に踊りたくなってしまう。ん、家なら確実に踊ってるなてれちゃう
主演のメリル・ストリープは今年60歳とは思えないほどパワフルな演技。
あれじゃ1シーン撮る毎にきっと息切れしていたに違いない(笑)
エーゲ海のすばらしい青さにも癒されるし、テンションUPにバッチりな映画。
DVDが出たらもう1度見たいし、サントラも気になるとこだなぁグッド
そそ、女の子を持つお母さんにもぜひお薦めの映画です。

見終わってもノリノリなあたし達。アホみたいに…ってかアホなんですが
道路ではしゃぎながらタイ料理のお店ティーヌンへ。
生春巻き、ビーフン、ソムタムなどを注文し、めっちゃハラペコだったので
とりあえず黙々と食べてからおしゃべりタイムたらーっ
ソムタムは青パパイヤが入ってるサラダなんだが、シャキシャキしてて美味しい。
青パパイヤなんて初めて食べた。どこかに売ってるのかなぁ。ちょっと欲しいかも。
ですがこのソムタム、あたし達にはすごく辛かったの。なのでだいぶ残してしまい
もったいないのでお持ち帰り。言えば容器に入れてくれるのね。
せっかく注文したのに残すのはもったいない。今までは残して帰ってたんだけど
これからはお持ち帰りね。ってことでダーへのお土産ができましたあっかんべー

2週連続で映画館へ行ったけど、次は何を観よっかな〜。
やっぱりスクリーンで見ると迫力が違うからいいね楽しい
JUGEMテーマ:映画


DVD&映画鑑賞 / - / -

ベンジャミンバトン。

昨日、会社帰りにベンジャミン・バトン 数奇な人生を観に行った。
映画館へ足を運ぶのは8月に観たマジックアワー以来かな。


1918年、ニューオーリンズ。黒人女性・クイニー(タラジ・ヘンソン)はある日、
置き去りにされた赤ん坊を拾う。のちに“ベンジャミン”と名づけられた
その男の子は、すぐにクイニーが営む施設の老人たちの中に溶け込んでいった。
そう、彼は80歳の老人の姿で生まれてきたのだ。ベンジャミン(ブラッド・ピット)は、
クイニーの惜しみない愛情に包まれ、車椅子から立ち上がって歩き出し、シワが
減り、髪が増え…日に日に若返っていった――。
80代で生まれ、年を重ねるごとに若返っていくひとりの男の姿を描いた、
F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説の映画化。
米国・ニューオリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至る
までの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。

(シネマカフェより)

外見だけが逆周りの人生。好きになった人とつりあった姿で過ごす時間はわずか。
なんだかすごく不思議な話でした。ベンジャミンが生まれてから死ぬまでの
人生を描いた3時間近くの作品だったけど、長さは感じませんでした。
でも面白いというより切ない話でねぇ悲しい
逆周りでも普通の人生でも人生はたった1回。最期は同じ。
苦悩があっても自分らしく後悔しないように生きていかないとなぁと、
あたしには感じた映画だったかな。

ってか、やっぱりどんどん若返るより老いていく方がいいやたらーっ

今日はレンタルしていた「20世紀少年<第1章> 終わりの始まり」を
観たんだけど、上映している「20世紀少年<第2章>」続きが気になるぅぅショック

JUGEMテーマ:映画
DVD&映画鑑賞 / - / -

魔法にかけられたい。

とりあえず今日はメーデー、じゃなくて毎月1日は映画の日で
1000円で観れるので気になってた魔法にかけられてを観てきた♪


おとぎの国“アンダレーシア”に暮らす、心優しいプリンセス・ジゼル
(エイミー・アダムス)。ある日、悪の魔女に騙されてはるか彼方の世界へと
追放されてしまう。そこはなんと現代のニューヨーク! 
大都会では浮きまくり、途方にくれたジゼルが出会ったのは、バツイチ・子持ちの
弁護士・ロバート(パトリック・デンプシー)。“超”のつく現実的なロバートに、
ジゼルは永遠の愛を伝えようとするのだが…。ジゼルの婚約者、エドワード王子
(ジェームズ・マースデン)も彼女を救うべくやってきては、魔女も彼女を追って
きて、ニューヨークの街は大混乱。果たしてジゼルは魔女の呪いを解いておとぎの
国に帰ることは出来るのか…?


全く新しい形のディズニー映画。実写とアニメの融合なのだがこれが
まぁよく出来てる!!内容はディズニーパロディ?モゴモゴ
プリンセスは天真爛漫な新しいタイプのお姫様が登場。歌いながら本当の愛を
教えてくれちゃいます(≧m≦)
それにしてもディズニー映画って独特な技法と音楽とストーリーのせいか
見てるとなんだか不思議な気持ちになるんだよね〜。どんな気持ちだよ…。
とにかく、けっこう笑ったし久々に楽しい映画を見たな。

でもさ、魔女って魔法が使えるのになぜ毒リンゴ??
DVD&映画鑑賞 / comments(3) / trackbacks(0)

ちょっとだけ欲しい能力。

あっそうだ、先週映画観たんだよ!!

以前予告でちょいと気になっていたジャンパー

空間を自在に移動できる力を持ち、その能力を利用して個人的な利益や歴史を
変えてきた人々がいる。彼らの名は“ジャンパー”。
デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)も、その遺伝子を継ぐ一人であった。
その才能に目覚め、15歳で単身ニューヨークへと旅立った彼は、銀行の金庫室へと
瞬間移動、まんまと大金をせしめる。だが、その存在に気づいた男がいた。
“ジャンパー”を悪とみなし、彼らの抹殺を使命とする組織“パラディン”の
ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)である。
そして10年後、デヴィッドは世界中を飛び回り、自らの特権を謳歌していた。
だが、同じジャンパーの一人、グリフィン(ジェイミー・ベル)という青年が
現れてから、デヴィッドはパラディンたちの襲撃に遭い、そしてジャンパーの
宿命と秘密について知ることになる…。


次から次へと飛び回るのだからいろんな景色が楽しめるのだが、まぁ結局は
デヴィットとローランドの追いかけっこってとこかな。
で、日本が出てくるのは興行収入の為かしらね〜〜。
余計な前置きがなく、テンポが良いので88分という短さで終わる。
映画はこれくらいで丁度いいわ。長すぎると疲れちゃうのよねたらーっ

この映画で最後まであたしがわからなかったことがある。

主役のヘイデン・クリステンセンって??

すいません。今まで見たことないんですけど・・・あせあせ
DVD&映画鑑賞 / comments(3) / trackbacks(0)

どっちが強いのかね。

そそ先週、APV2も見てきたのよ。たらーっ

先週の日曜日テレビでエイリアンVSプレデターをやってたけど、1度DVDで
見たのでチラ見しながら復習。ちなみにひとりで見に行ってないよ
プレデターのお腹の中からエイリアンが出てくるとこで終わり、2はそこから
始まる。やっぱりこれも続くのね〜。ってか、これ・・・

キモイ!!ただただキモすぎだっつーの泣き顔

AVP2はかなり残虐。しまいにゃ、エイリアンとプレデターは一体何が
したいのかあたしにはよくわからなくなってしまい、スクリーンで奴らを
凝視すればするほど夢に出てきそう。で、あっけなく終わる…。
ほんとあっけなく・・・。笑っちゃうくらいあっけない・・・。

ってか、あたしそれぞれ単体で見たことないの。だからわからないの。

奴ら一体何者? あー、化け物か・・・。
DVD&映画鑑賞 / comments(4) / trackbacks(0)

生きるって過酷。

昨日はレディースデイで1000円で映画が見れるので、前から見たかった
earth-アース-を見てきた。


BBC、NHK、ディスカバリーチャンネルの共同制作によるプラネットアースの映像を、
集めて劇場用にしたものなんだけど、プラネットアースを見たことがないので
あたしは全てのシーンを食い入るように見つめた。
以前劇場でもやったディープブルーは海中、アースは地上の動物の生き様を
映し出したものなんだけど、どちらも生きる為に厳しい条件の中でも最期まで
諦めず懸命に闘っている。動物達に教えられる事ってほんとたくさんあるよ。
簡単に生きる事を諦めてしまうのは人間だけじゃないかなぁ。[:がく〜:]

30頭のライオンが象1頭に襲い掛かったり、オオカミがトナカイの子供を
追いかけ続けて捕獲したり、1頭のホッキョクグマが飢えの為にセイイチの
群れに襲い掛かるのだが結局力尽きて餓死してまうシーンなどは残酷だが、
巣から飛び立つ雛鳥、ゴクラクチョウの求愛ダンス、ヨチヨチ歩きの
ホッキョクグマの子供なんかは思わずクスっと笑ってしまう。
それと地球ってこんなに綺麗だったんだと改めて感心する雄大な自然。
エンジェルフォールなんて映像なのに思わず足がすくんでしまった。

北極から南極への地球縦断の旅。最後は地球温暖化防止を促しているのだが、
そこらで「温暖化を防止しましょ〜」なんて言ってる人より、よっぽど
説得力がある。単純かもしれないが、今自分にできる事は何だろうと
真剣に考えさせられる映画だった。

それにしても、この映像を撮り続けた人達もすごすぎ拍手
DVD&映画鑑賞 / comments(2) / trackbacks(0)
このページの先頭へ