<< November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 身近な至福。 | main | どっちが強いのかね。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -

生きるって過酷。

昨日はレディースデイで1000円で映画が見れるので、前から見たかった
earth-アース-を見てきた。


BBC、NHK、ディスカバリーチャンネルの共同制作によるプラネットアースの映像を、
集めて劇場用にしたものなんだけど、プラネットアースを見たことがないので
あたしは全てのシーンを食い入るように見つめた。
以前劇場でもやったディープブルーは海中、アースは地上の動物の生き様を
映し出したものなんだけど、どちらも生きる為に厳しい条件の中でも最期まで
諦めず懸命に闘っている。動物達に教えられる事ってほんとたくさんあるよ。
簡単に生きる事を諦めてしまうのは人間だけじゃないかなぁ。[:がく〜:]

30頭のライオンが象1頭に襲い掛かったり、オオカミがトナカイの子供を
追いかけ続けて捕獲したり、1頭のホッキョクグマが飢えの為にセイイチの
群れに襲い掛かるのだが結局力尽きて餓死してまうシーンなどは残酷だが、
巣から飛び立つ雛鳥、ゴクラクチョウの求愛ダンス、ヨチヨチ歩きの
ホッキョクグマの子供なんかは思わずクスっと笑ってしまう。
それと地球ってこんなに綺麗だったんだと改めて感心する雄大な自然。
エンジェルフォールなんて映像なのに思わず足がすくんでしまった。

北極から南極への地球縦断の旅。最後は地球温暖化防止を促しているのだが、
そこらで「温暖化を防止しましょ〜」なんて言ってる人より、よっぽど
説得力がある。単純かもしれないが、今自分にできる事は何だろうと
真剣に考えさせられる映画だった。

それにしても、この映像を撮り続けた人達もすごすぎ拍手
DVD&映画鑑賞 / comments(2) / trackbacks(0)

スポンサーサイト

- / - / -

コメント

見る予定はないけど、将来的には見たいよねぇ
あそこまで動物ではなく、野生に近づくこと自体難しいのに
感動を生む映像をとれるのは・・・ね

PR番組(メイキング含む)が深夜やっていて、ホオジロザメがオットセイ(ペンギンだったっけ?)を襲うシーンは、高精細カメラで見るあの一瞬は凄いよねぇ
* ナンチャッテ * 2008/01/27 3:03 PM

●ナンチャッテさん
DVD出たら見てみて〜。あたしはディープブルーの方が
好きなんだけどね。やっぱり地上は残酷だわぁぁ。
ホオジロザメの映像はすごいよ。どうやってあんな
一瞬を撮ったのやら。
* こびー * 2008/01/28 4:48 PM

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ